ジェームズ束とは?

ジェームズ束(James Fibers)

文献1より James fibers

ジェームズ束とは1961年にJamesによって報告された副伝導路のことです2)

房室結節の上から入り、房室結節の上部と中央を迂回して、房室結節の下部3分の1またはHis束と直接接続しているとされています。

この副伝導路は房室結節と異なり減衰伝導特性を持たないため、通常より早くQRS波が発生しPR間隔が短くなるLGL症候群に関与しているとされています。

参考文献

1)Preexcitation Syndromes. Curr Probl Cardiol. 2016 Mar;41(3):99-137.←早期興奮症候群のレビュー

2)Morphology of the human atrioventricular node, with remarks pertinent to its electrophysiology. Am Heart J. 1961 Dec;62:756-71.←James束の元論文

解剖
心電図.comをフォローする
心電図.com
タイトルとURLをコピーしました