高カルシウム血症とは?

高カルシウム血症 Hypercalcemia

高カルシウム血症とは、血清総カルシウム濃度が10.4mg/dL(2.60mmol/L)を上回るか、または血清イオン化カルシウム濃度が5.2mg/dL(1.30mmol/L)を上回った状態です。

主な原因には副甲状腺機能亢進症、ビタミンD中毒、がんなどがあります。臨床的特徴としては多尿、便秘、筋力低下、錯乱、昏睡などがあります。

高カルシウム血症 - 10. 内分泌疾患と代謝性疾患 - MSDマニュアル プロフェッショナル版
高カルシウム血症-病因、病理生理学、症状、徴候、診断および予後についてはMSDマニュアル-プロフェッショナル版へ。

高カルシウム血症の心電図

文献1より

QT延長

血清カルシウム値の上昇によるQT短縮作用は、何年も前から知られています2)。

カルシウムの細胞外濃度が上昇すると、再分極の後期に内向きのカルシウムが増加し、QT間隔が延長します。

しかし、QT間隔の持続時間と血清カルシウム値との相関は直線的ではありません。

QTピーク間隔(QRS波の始まりからT波の頂点まで)は、高カルシウム血症時に特に短縮します。実際、QT peak間隔は血清カルシウム値と最もよく相関しています。

重度の高カルシウム血症(血清カルシウムが16mg/dL以上)の場合、T波の持続時間が長くなり、STセグメントが短縮したままでもQT間隔が正常に見えることがあります。

1)Electrocardiographic manifestations: electrolyte abnormalities. J Emerg Med. 2004 Aug;27(2):153-60.

2)Electrocardiographic Manifestations of Calcium Abnormalities. Ann Noninvasive Electrocardiol. 2016 Jan;21(1):7-9.

タイトルとURLをコピーしました