副収縮とは?

副収縮 Parasystole

up to dateより 副収縮

副収縮は、正常洞調律以外に独自に興奮する異所性中枢があり、心室(又は心房)が二重支配を受けている状態です。

多くの場合、この中枢は心室内にあります(心室性副収縮中枢)。

・副収縮=洞調律+期外収縮の調律
副収縮=洞調律+期外収縮の調律

心電図の特徴

・連結期が異なる期外収縮

・期外収縮が一定の基本周期またはその整数倍で出現(◯×RR)

メカニズム

副収縮が成立するためには、2つの機序の存在が必要です。

1)保護ブロック(protect block,entry block):
 副収縮中枢が、心筋の興奮伝導により脱分極されないように保護されていること

2)進出ブロック(exit block):
 副収縮中枢は規則的に興奮しているが、その興奮が周囲組織に出て行くのが妨げられること
中心点が副収縮の中枢(期外収縮の出現する点:青丸)で、その周囲を保護ブロックのある領域(赤丸)が囲んでいる。副収縮刺激はこの帯の外に伝導されないことがあるが、外部からの刺激はこの帯に入ることができない。

保護ブロック

副収縮中枢が、心筋の興奮伝導により脱分極されないように保護されていることを保護ブロックと言います。

保護ブロックがなければ、洞調律の興奮によって副収縮中枢が脱分極されてリセットされてしまうため、期外収縮が発生しません。

進出ブロック

副収縮中枢の興奮が周囲組織に出て行くのが妨げられることを進出ブロックと言います。

すでに先行収縮の不応期から脱していると思われるにもかかわらず、副収縮の興奮が認められない場合があり、これは進出ブロックによるものです。

先行収縮の不応期から脱していると思われるにもかかわらず、副収縮の興奮が認められない場合があり、これは進出ブロックによるもの

1)JPN. J. ELECTROCARDIOLOGY Vol. 35 No. 1 2015

タイトルとURLをコピーしました