ε波とは?

ε波(εwave)

文献1より ε波

主にV1~V3誘導においてQRS波の終了直後に出現するnotchです。しばしば低電位で細かく分裂してみられます2)

J波に似ていますが,J波に比べてより高周波で低電位とされています。

不整脈原性右室心筋症(arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy;ARVC)に特異的な心電図所見とされ、ARVC患者の約30%に認められたとする報告がありますが、ε波は心室内の遅延伝導が原因とされており、ARVC以外の疾患では、心筋梗塞、肺高血圧症、サルコイドーシスでも認められることがあります。

ε波の命名

WPW症候群の典型的な波形がδ(デルタ)波と命名されており、ギリシャ語のアルファベット順でδの次にあたるεを使い、ε(イプシロン)波と命名されました。

また、εは数学でも非常に小さな現象を表すのに使われることも理由の一つとしています3)

1)心電図 Vol. 38 No. 3 2018

2)Epsilon wave: A review of historical aspects. Indian Pacing Electrophysiol J. 2019 Mar-Apr;19(2):63-67.

3)Naming of the waves in the ECG, with a brief account of their genesis. Circulation. 1998 Nov 3;98(18):1937-42.

タイトルとURLをコピーしました